So-net無料ブログ作成
検索選択

23週目と0日。風邪で大変なことに! [日記]

今日で23週目。

前回の検診日、2月8日20週目0日のとき、
先生に「胎動はそろそろあった?」って聞かれた翌日に、
なんと初胎動を感じた!
これで、なんとなく毎日元気だと確認できるから
今までより安心できるようになった。

しかーし!
新たな問題勃発!

2月17日土曜日、
なぜかどうしても「広島風お好み焼き」が無性に食べたくなった。
最近はつわりもだいぶ楽になり、毎日家で食事を作っていた。
でも、ほとんど外出は食料を補充するためと、
夫が休みの日に食料まとめ買い位だったので、週2位だった。
外食はほとんどしていなかった。
でも、その日だけはきつかったのもあり、
外でお好み焼きを食べたかった。
それで、仕事中の夫にメールをし、
夕飯は「広島風お好み焼きを食べに行きたい!」と連絡し、
帰りの遅い夫とともに11時ごろ近くのお好み焼き屋へ行った。
二人とも食べるのが早いので、30分でお好み焼き屋を出て
家に帰った。

帰ってくると、
「あれ?」
「のどがイガイガするー。」
「おれも。」
慌ててうがいをしたものの、全然おさまらず、
イガイガ・・・うがい・・・イガイガ・・・うがい
そして、翌日は悪化。
イガイガ・・・うがい・・・鼻づまり・・・鼻かみ・・・イガイガ・・・
そして、またさらに悪化し、
咳も追加されるようになり、苦しくなった。
さすがにイゾジンでうがいをたびたびするようになった。
でも、すぐ治るとおもっていた風邪が日に日に悪くなっていった。

そして、今日。
3月1日検診日。
23週と0日。
先生に風邪のことを伝えた。
「鼻づまりはおさまったけど、咳がひどいんです。」
「じゃあ、抗生物質と咳止めを出しておこうか。」
といわれたので、いちお確認した。
「先生、それは赤ちゃんに影響はないですか?」
「うん。これは大丈夫だよ。」
さすがに、苦しかったので、先生を信じることにした。

というものの、念のため、薬局の薬剤師にも確認した。
処方されたものは・・・

1.ジスロマック錠250mg
最近の感染を抑える
2.濃厚ブロチンコデイン液
咳の症状を和らげる
痰を出しやすくする
3.イソジンガーグル 7%
うがい薬
口や喉を消毒する

どれも胎児に悪い影響のないものではないかたずねた。
「これはいずれも大丈夫ですよ。」
との返事だったので、とりあえず安心した。
帰宅して、昼食を食べた後、
昼食後飲むように言われていた「濃厚ブロチンコデイン液」を
指定されていた1メモリを容器からコップに注ぎ飲んだ。
すると・・・
10分後か15分後だったとおもう。
急に息苦しくなり、咳が激しく出始めた。
これまでにはなかった激しい咳と気管支喘息の発作のときに近い呼吸困難だった。
「まずい!このままだと息が出来なくなる・・・。」
10歳の頃、気管支喘息の発作をたまに起していたことを思い出した。
その頃は寝る前によく発作を起し、息が出来なくなり、
知り合いのお医者さんに夜中に電話して来てもらって、助けてもらっていた。

「どうしよう・・・」
服用後30分後、息苦しさが変わらないので、病院へ電話した。
先生は診察中なので終わりしだい連絡するとのことだった。
看護師に待ってる間、薬剤師にも聞いてみたほうがいいと言われたので、
薬局に電話して聞いてみた。
喉が弱い人などにはたまにそういう副作用もあるとのことだった。
でも、のどに対する薬なので、胎児には影響ないとのこと。
さらに詳しくネットで確認してみると、
「気管支喘息だった人などは副作用になる可能性も・・・」
と書いてあった。
最初の問診表で既往症に「気管支喘息」と書いていたのに、
きっとそこまで先生は確認しなかったに違いない。
そういうものなのか・・・。
やっぱり、自分の身は自分で守るしかないのか?

苦しさがおさまらないので、寝るしかなかった。
目覚めたら、服用後3時間経っていた。
電話の履歴はない。もう18時。
服用直後のような激しい咳は無いものの、
やっぱりイガイガ&咳&息苦しさは続いていた。
このまま、夜中に発作になっては大変だと思い、先生にもう一度電話してみた。
いろいろたらいまわしされたあげく、やっと先生が捕まった。
「あ、今電話しようと思っていたんだよ。」
先生に事情を説明して、こういう副作用はないのか確認した。
「無いはずだけどねー。あったとしても、あなたのアレルギー反応だろうね。
いちお、今後は飲まないほうがいいね。」
と言われた。
でも、もうひとつの抗生物質だけ夜に飲むように言われた。

それで、夕食後・・・息苦しさは続いている。
なんとなく、もうひとつの抗生物質も飲むのが怖くなり、
ネットで「ジスロマック錠」について調べてみた。
副作用を見ると
「喘息の人などは注意」
「副作用:呼吸不全、呼吸困難・・・・」
など、怖いことがたくさん書いてある。
ますます、飲むのをためらった。
「今、呼吸不全になったら、一人だし死んでしまう・・・。」
そんなとき、電話が鳴った。
出ると、担当医からだった。びっくりした。
「その後調子はどうですか?」
<ひょっとして、薬のことを詳しく調べてみてまずいと思ったのだろうか・・・
先生から電話してくるなんてよっぽど何かあるのか?>
「息苦しさはまだ続いています。咳は飲んだ直後ほどは出ないですが、
たまに出ます」
「そう。じゃあ咳には効いたのかなあ。咳にはすぐ効く薬のはずなんだよ。」
「・・・。それでもうひとつの薬なんですけど、今飲もうかどうか迷っていたんです。
また、副作用が出たら怖いなーと思って。」
「そうだね。とりあえず、今回は調子悪いし飲むのを止めておこうか。
明日の朝、飲んでみてくれる?」
と言われたので、とりあえず今回は飲むのを止めた。
電話を切った後、なんだか怖くなった。
<先生は、新しい薬を試しているんじゃないだろうか・・・。>

妊娠前に、咳が止まらなかったとき処方されていた薬とは
今回まったく違うものだったので、
最初からなんとなく不安だった。
妊婦のために処方される薬か聞いても違うと言われるし・・・。

母親に相談して考慮した結果、
今後は、この二つの薬を飲まずに
「イソジン」だけで様子を見ようと思っている。
どうか、神様、なんとか治してください!

どなたか、妊娠中にこの薬を飲んだことはありますか?
もし、いらっしゃればどうだったか教えてください。
副作用はなかったかなど・・・。
妊娠中にこの薬を飲んで、無事に出産された方がいらっしゃれば、
嬉しいのですが・・・。

たった一回でも、飲んでしまったので、
赤ちゃんが大丈夫だったのか心配です。
今まで、薬で拒否反応を示したことがなかったのに、
初めて今回こんなことになったので、
赤ちゃんが「飲まないでー!」って言ってるのかも・・・。
この薬のこと、妊娠中の風邪の時どうのりきったかなど、
アドバイスください!!
今、まだ息苦しいです。
先生は、もう薬の効き目は切れているはずと言っていましたが、
この症状はちゃんと治るのか心配です・・・。
助けてください!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。